今日は大津市北小松の港にエリ漁の稚鮎を仕入れに行きました。当店のトラックに活魚水槽を積み、塩を溶かした水を入れて(消毒の為)、張り切って走らせた。


しかし



僅か5kgしか獲れず

↑この木の箱に入ってるのは7mmで選別した上(つまり大)


↑海老やイサザが混じってますが、氷魚と呼ばれる鮎の稚魚





活魚は諦め


佃煮用として申し出(活魚と食用(通称タタキ)とは値段が違う)
持参したクーラーボックスに入れて持ち帰りました。


ただいまコトコト煮ています。
これが僕の夏の栄養の素です。



実はかなりショック😨で凹んでいるんですが、佃煮のニオイで元気が出てきてブログを書いています。もっと写真撮ってきたらよかったと後悔しながら。


実は昨日当店の養殖池にも種鮎が入荷したのですが、
予定量の半分以下の約2万尾(kgはヒミツ)しか入荷せず
今シーズンの鮎出荷に備えられるか心配で心配で、、

来週にもエリ漁の漁師さんに集荷の予約を入れてます。早く養殖池を満タンに出来るよう願っています。


いつもお世話になっているガガ太郎さんのブログ
に年券の話題があったので一言


朽木の年券は正規には販売していないのですが、有るんです。(またの名を組合員証と言うんですが)

ジャーン!
これぞ朽木漁協の史上最強の2枚。
(ちなみに偽造防止の為に、台紙の色・デザインが毎年変わります。)


白い方は朽木に移住して高島市民になって朽木漁協の組合員審査委員会に通り、出資金を納めれば手に入ります。
たったこれだけで!

ピンクの方は朽木漁協の役員になれば手に入ります。
遊んで良し働いて良しの2枚。

朽木漁協でも『新規組合員募集キャンペーン』なんてしてみたらいいのに〜。
組合員になったらもれなく監視員になって働ける!
うん〜
人材確保したい下心丸出し