先日の金曜日に集荷して入れた稚鮎が、
晴天続きで水温上昇したおかげで、餌付き良好にてスクスク成長中です。
通常餌付きに3・4日掛かるし、状況に適応出来ない個体は餓死していくのですが。(塩ビパイプから餌が出ており、餌を食べに集まっているところです)




こちらは5/11に仕入れた仕立てた養殖鮎で、放流用の種鮎を買ったので、サイズは10cmぐらいが多かったですが、今は既に15cmを超えている個体も見受けられます。


解禁日に適当なサイズのおとり鮎が準備出来るか?と心配でしたが、それはなんとかクリア出来ました。
あとは試し釣りでどんなサイズの野鮎が掛かるのか?ドキドキです。




今日は20代に勤めていた水産会社のレストランの送迎バスの運転のバイトを頼まれマイクロバスに乗って来ました。
酔っ払いのおっちゃん30名様を2次回の居酒屋さんに送迎しました。

賄い飯はうどんとオニギリでした。