村上おとり店

滋賀県の一級河川の安曇川中流の朽木漁区のおとり店の村上おとり店の河川情報ブログです。

2014年06月

イメージ 4

イメージ 3

イメージ 2

イメージ 1

今日は朽木漁協の鮎祭りの抽選会へ出席してきました。いつもは朽木漁協の藤井組合長と朽木漁区入川券販売所組合の酒井組合長が抽選をされるのですが、酒井組合長が都合が悪いということで、入川券販売所組合の副組合長である私が代理として“厳正に"抽選してきました。当選券は記載の販売店以外の店に持ちいただいても引き換え出来ます。商品券当選券はおとり鮎2匹と交換させて頂きます。当店に他店の当選券を持ち込みいただいても喜んで引き換えさせて頂きます。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

朝の川の写真をサボりまくっておりごめんなさい。これから出来る範囲で撮っていきますのでよろしくお願いします。水位基準はこの石で判断下さい。

イメージ 1

大津市の石川様は当店前下流の瀬で46尾の好釣。
イメージ 2

岐阜県の富田様は当店前~水管橋にて37尾
イメージ 3

京都府の浅倉様は大野で30尾
イメージ 4

当店の近所の奥田さんは当店前で30尾

イメージ 1

津市の富岡様は当店前下流の荒瀬で18尾

イメージ 3

イメージ 2

かっぱ君は色んなところを巡り、麻生川で18.5cmのまっ黄黄のいい鮎を含む10尾

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

昨夜の豪雨により水位は少し増して、若干の濁りが出ている様です。次第に澄んでくると思われます。

午後9時ごろ約一時間にわたり豪雨レベルのにわか雨がありました。現在笹濁り程度の濁りが出ている可能性があります。

イメージ 2

イメージ 1

鮎舞会の渡辺様は当店前下流の荒瀬で26尾。

イメージ 3

同じく鮎舞会の谷口様もほぼ同じ場所で30尾。

イメージ 1

高槻市の橘様は大野で59尾。15~17cmの良型が平均サイズとなっています。
イメージ 2

山科の船川様は当店前上流の電線の下の瀬で60尾。小振りな型が多数でした。大きな群れ鮎がいるそうです。9~17cm
イメージ 3

京都市の太田様も船川様と同じ場所で40尾。
イメージ 6

イメージ 5

イメージ 4

イメージ 1

イメージ 2

午後から日差しが出て暑くなりました。
明日より午前5時営業開始となります。よろしくお願いします。

イメージ 1

イメージ 2

夜中より本降りとなっています。夜明け頃には止む予報ですので心配は御無用かと思います。また当店の養殖池の水源は安曇川本流に有りまして濁りが出ましたら、池も濁ってくるのですが、今のところクリアーな状態であります。

↑このページのトップヘ