村上おとり店

滋賀県の一級河川の安曇川中流の朽木漁区のおとり店の村上おとり店の河川情報ブログです。

2015年09月


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

水位は20cm高、濁り無し、水温17℃。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6

水位は20cm高、ほぼ濁り無し、水温17℃。

名古屋市の小川様は当店前にて17尾。思ったより綺麗な鮎に驚きました。小川様曰く“このサイズの鮎ならまだまだ踏む程居る。一面群れ鮎で覆われるほど見える。あかが付いてきたら楽しみやな”とのこと。

イメージ 1


イメージ 2




大津市の荒井様は支流の北川山神橋下流にて13尾。本流の鮎とは一変する色合いです。荒井様曰く“釣れた天然鮎が泳ぎが悪くおとりに養殖鮎を1日使い回した。1匹おまけしてもらって良かった。支流でもいつもより増水していて、大きいおとりの方がよく泳ぐわ”

イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10




大阪府の有田様は栃生橋~栃生発電所にて13尾。黒くなった雄鮎は放流したので、綺麗な子持ち鮎しか持って帰って来なかった。
“栃生あたりはヘチにあかがしっかり付いてるから水温が上がってきたらよく釣れるよ”とのことです。

イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5





総評としまして、おとり鮎は元気な雌鮎に限るという感じです。当店にはまだまだ豊富におとり鮎を在庫してあります。まだまだ可能性を秘めた安曇川朽木!もうひと盛り上がりしていきましょう。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7

水位は20cm高、薄い濁りがあります、水温20℃。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6

水位は25cm高、薄い濁り、水温16℃。昨日より濁りが薄くなっています。日に日に水温・気温が低下してきています。寒さ対策も必要かと思います。

↓北川三ツ石休憩所

イメージ 1


イメージ 2

↓北川三ツ石

イメージ 3


イメージ 4

↓本流と北川の出合

イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7

↓出合の北川側

イメージ 8


イメージ 9

↓高岩橋から上流の眺め

イメージ 10

↓高岩橋下流

イメージ 11

↓高岩橋真下

イメージ 12


イメージ 13



イメージ 1


イメージ 2

↓水位基準棒を設置しました。

イメージ 3

ウェーダー着用で水深が膝上まであります。濁りが依然あります。

イメージ 4


イメージ 5

日に日に水況は改善してきていますが、まだ本流で鮎釣りをオススメ出来るレベルには達していません。
水位は30cm高、笹濁り。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4

濁りは全くありません。鮎釣り出来ます。よろしくお願いします。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

水位は約35cm高、笹濁り、水温16℃。
支流はいけると思います。情報が入り次第、投稿します。

平成27年産の新米こしひかりが入荷しました。産地は美味しい鮎の宝庫、清流の里“安曇川朽木産”です。画像は精米10kgの税込価格です。なお5kgや、玄米での販売もお任せ下さい。

イメージ 1


↓北川と麻生川の合流です。麻生川の濁りはほぼありません。手前が麻生川です。

イメージ 1


イメージ 2

↓麻生川

イメージ 3



イメージ 4

↓北川三ツ石

イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7



京都市の中村様が午後3~5時の2時間、三ツ石橋にて釣行。釣果は1匹ながらこのサイズです。上流部の鮎が下りてきているのかな?

イメージ 8



イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

今朝と状況が変わってない様に思えます。


↓午後3時の北川三ツ石橋の下の状況です。やや濁りが本流よりマシな感じがします。

イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


↓三ツ石

イメージ 1


イメージ 2

↓山神橋

イメージ 3


イメージ 4

ガガ太郎さん提供


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

水位は40cm高、泥濁り、水温17℃

↓三ツ石

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3

↓山神橋

イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6

本流の舟橋

イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9

台風一過の青空が広がっています。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8

大雨のピークは過ぎた様です。
水位は約40cm高、泥濁り


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7

水位は約20cm高、笹濁りです。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7

水位は20cm高、ほぼ濁り無し。明日から台風18号により大雨となる天気予報に備えて、水位基準棒を一時撤去します。


イメージ 8


イメージ 9



イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6

水位は20cm高、笹濁り、水温18℃。

イメージ 7


台風18号が近づいてきています。被害が無いことを願いますが、台風後しばらく釣行出来なくなる事を思うと、今のうちに安曇川朽木の真っ黄の天然鮎と戯れに来ておいたら如何ですか?支流の北川なら鮎釣り行けます。よろしくお願い致します。

大阪市の北様は北川山神橋にて16尾。10~14cm。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3



イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6

水位は20cm高、笹濁り、水温18℃。朝よりは水況が回復しています。

↓三ツ石

イメージ 1


イメージ 2

↓権淵

イメージ 3

↓山神橋

イメージ 4

出勤前のガガ太郎さんに画像を送って頂きました。ありがとうございます。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4



支流の北川山神橋上流です。
水位濁り共に正常で、釣行に支障ありません。
よろしくお願いします。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

水位は25cm高、笹濁り、水温18℃、現在雨は降っていません。

本流での釣行は厳しそうです。支流の状況が分かり次第報告します。

イメージ 6


イメージ 7



イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


昼頃より雨が強く降り出し水位が上昇し濁りが入ってきました。また冷たい雨と鮎の追いの悪さ等により、今日の釣果は芳しく無かった様です。
水位は15cm高、笹濁り、水温18℃。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

水位は10cm高、濁り無し、水温17℃。午後から天気予報では雨が降ってくる様です。

イメージ 6



イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

水位は10cm高、濁り無し、水温19℃。

京都市の石川様は当店前にて45尾。

イメージ 1


イメージ 2

↓このサイズがアベレージです

イメージ 3

↓最小です。

イメージ 4




西尾市の時里様も当店前にて43尾。サイズは↑の石川様とよく似た型でした。

イメージ 5


このアユは背掛りでは無さそうですね~。

イメージ 6





大阪府の中道様は北川出合にて74尾。

イメージ 7




豊中市の後藤様は午前中のみの釣行。北川打明にて25尾。婚姻色の出た鮎が揃います。14~18cm。

イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11



イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

水位は10cm高、薄く濁り、水温21℃。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


水位は10cm高、ほぼ濁り無し、水温17℃。

今季で一番水温が低いです。

遂に当店前の釣果が出ました!
大阪府の影山様は当店前の瀬のヘチで12~17cmを18尾。
↓左上の大きい鮎は当店のおとり鮎です。当店の釣果は基本おとり込みの数です。サイズは釣れた鮎の大きさです。(苦笑)

イメージ 5


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4




豊中市の後藤様は北川山神橋にて75尾

イメージ 6



イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


↓この水位基準棒の最高基準が水位80cm高で、赤白10cm刻みで塗り分けてあります。

イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7

水位は15cm高、薄く濁り、水温19℃。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

水位は15cm高、薄く濁りあり、水温21℃

当店前で4人のお客様が釣行中。小さな鮎がたま~に掛かる様です。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

水位は15cm高、笹濁り、水温18℃。

イメージ 6


イメージ 7

今日の晴天の照り込みでどの程度本流の水況が回復するか楽しみです。

松阪市の立岡様は北川山神橋にて午後3時間で24尾。12~19cm。

イメージ 1

↓19cmありました。

イメージ 2


イメージ 3




高槻市の井手様も北川山神橋にて63尾。12~16cm。サビた鮎が1匹だけいました。

イメージ 4


イメージ 5


本流は水位20cm高、笹濁り、水温19℃。
土曜日あたりから入川出来るかと思います。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4

↓北川三ツ石です。水位はほぼ平水、濁り無し。

イメージ 5


イメージ 6


出勤前のガガ太郎さんに撮って来てもらいました。場所は北川山神橋上流です。濁りは無く、水位もほぼ平水になりつつあります。

イメージ 1


イメージ 2



イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4



水位は減水傾向にあり現在水位25cm高、笹濁り。なお水位基準棒の最高地点で水位80cm高です。
今朝は私の不手際により5時の川の状況が投稿出来ませんでした。ごめんなさい。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

水位はやや下がり約35cm高、強い笹濁り。本流の明日の釣行は難しそうな感じです。

追伸
針畑川の山本おとり店情報によると針畑川では良いサイズの鮎が釣れているとのこと。数は少ないが運が良いと子持ち鮎も混ざるらしいです。信用するかしないかはあなた次第です。
なお、山本おとり店のおとり鮎の在庫は有ります。よろしくお願いします。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6

豪雨をもたらした雨雲は去り秋晴れの青空が広がっています。
アカの状態が心配ですが、水位は週末には昨日ぐらいの水準に落ち着いてくれると期待します。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


濁りがもう澄んできています。
流石支流は澄むのが早いですね~。



↓三ツ石です

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3

↓権淵

イメージ 4


イメージ 5

↓山神橋上流

イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8



本流の濁りよりはマシです。しかし現在も雨が降り続いていますので、今後状況が変わることもあり得ます。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

水位は約40cm高、泥濁り。本流での釣行は不可です。

イメージ 6


イメージ 7



昨日の夕方から豪雨が降ったりやんだりです。現在は小降りとなっていますが、何処からか雷鳴が聞こえ今後も雷雨となりそうな雰囲気がしています。

東大阪市の植田様は当店前にて46尾。ヘチで良型が掛かったそうです。

イメージ 1





イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

先ほどより夕立となりました。
水位は5cm高、濁り無し。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

水位は5cm高、濁り無し、水温18℃

今日から9月です。朽木の鮎釣りシーズンとしては残り3分の1ですが、私としては折り返し地点を過ぎこれから後半戦といった意気込みで頑張りたいと思います。

このページのトップヘ