2017年04月

東京杉並区からお越しのK様
北川能家〜上村にてイワナ3尾
非常に難しい釣りとなった様です。


追伸

本日所用で北川上村まで行ったついでに能家の河川状況を見てきました。
熊の谷です。日陰に残雪が少しありますが、ほとんどありませんが、水もほとんどありません。
不舗装路ですが愛車のトヨエース4WDなら問題無く走れました。

帰路でこんな風景に出くわす。
えっ?どういうこと?


今日は行者講の本祭の日。
当家の菩提寺でもあります興聖寺の副住職(友達です)に御祈祷をして頂きました。
その後、お神酒を大豆煮で頂きます。
私は堂主なのでもちろん頂きました。
平日の昼間13:00に冷酒。やっちゃった感半端ないですが、しょうがないです。

明日はようやく当店の池に水が入る日なので、早朝から準備に取り掛かります。

追伸
風の噂ですが、琵琶湖の鮎のエリ漁にようやく鮎が入ってきた。それも南から廻ってきたよ〜。って情報がありました。
場所は明かせませんが、今朝(4/28)は15kg獲れてうち大(7mmの通しで選別した上)が7割ぐらいやった。という。
ええ感じです。タイミングを見て集荷に行ってきます。

毎年4月27日28日に当地区にある行者堂というお堂で本行者講菩薩祭事があります。
27日は午前中に準備の普請をして
27日の晩は宵籠り
28日は本祭 
があります。
写真は宵籠りです。
神変大菩薩という修行の神様が祀られているという事です。
江戸末期ごろから伝わるという版木でお札を刷り、講中の信者さんに配ります。
目詰まりして解読不明ですが、地区に伝わる宝です。

お札さんが刷れたら般若心経を唱え
その後は囲炉裏で油揚げや竹輪や目刺イワシなどを焼いて、お神酒を頂きます。
昔は家庭で段取り出来る身近な食材で行ったそうです。


昨日(4/25)の記事です。
ハード過ぎて投稿する余裕が無かったです。


朝一番に桑野橋下流の糸張りでした。
昨日の続きだったそうで、テグスを対岸に渡すロープは張ったままにしてあって、少し楽なスタート。

昔はウェーダーを履いてその都度テグス巻いた物を何度も何度も渡ったそうですが、
今は川を横切る様にロープ(約200m、川幅の2倍程度は必要)を張り、そのロープにテグスをくくり交互に引っ張り、テグスを対岸に渡して行きます。その時にロープを川の流れに流したり、ロープとテグスが絡まない様に注意が必要です。

話は戻り、
桑野橋下流の左岸に降りたのですが、分かる人はお気付きでしょうが、何処から降りた?
実は僕も初めて教えてもらった超穴場があるんですね。個人宅の勝手口を経由するんで、釣り客様は利用出来ないと思いますが(苦笑)

古川にこんなとこがあったなんて!



桑野橋のキャンプ場の下限まで行って、
次は
船橋から下流へと
ここは出合いの少し上流

ここから高岩橋までの間は、川幅が広く、

歩いて歩いて歩いて歩いて歩いて

ロープ引いてロープ引いてロープ引いて

何回したんやろ

当然写真撮る間など無く、

フラフラ





休憩はグッタリモード。


午後4時半ごろ、やっと高岩橋が見えてきた。
今日中に高岩橋まで終わらすから、ガンバレって組合長からゲキが飛んできた。

残業突入

あ〜〜最後の1本!


なんとか日が暮れる迄に終わりました。

今日(4/26)は雨降りでお休みです。
明日から僕は2日間、行者講っていうお堂の祭事があります。
その模様はまた投稿します。
田舎ならではのメンドウな行事です。
ハハハ


追伸
ガガ太郎さんに伝言

寝袋持ってますし、現地で張り込みしたらどうですか?

LINEでも連絡出来るんですが、最近こういうの流行ってるみたいなんで




今日は私の住んでおる岩瀬区で愛宕山の愛宕神社の鎮火祭にお札さんを買いに行きました。
本来は清滝から3時間程かけて登山するのですが、
区の人の車にて、
国道162号京北町から首無し地蔵まで林道をで登り、
40分ほど山歩き(ほぼ稜線歩き)

眼下には京都市内

最後のこの石段
快晴ですが涼しい風で、爽やかな森林浴でした。

おみくじは無難でした。

帰路は榊の枝をカバンに入れて

久多〜花背はまだ残雪がありました。
車中は爆睡につき写真は撮れませんでした。

今日1番驚いたこと
宮司さんがツイッターで参詣者を紹介してるって!
意外すぎる。山頂は圏外なのに〜。

↑このページのトップヘ