2017年05月



急ピッチで育てた種鮎がようやく販売出来るサイズに育ちました。
6月1日より活鮎の販売を開始致します。
但し、少し肥え気味です。順次シェイプアップしていきます。

1番大きいのは16cm有りますが、こればかり揃えることはまだ出来ません。


おとり屋さんもされてる酒井理事をお迎えに上がり

針畑川から久多〜花背に抜けて


上桂川漁協で事務局長の渋谷様に挨拶・意見交換で、多くの勉強させて頂き

やはり京都と滋賀の違い(多種多様な)を痛感(o_o)
大物政治家様を輩出されている地域ですから!




その後
上桂川のおとり屋の超有名店に
上桂川の名人さんはご不在でした。
(平日の真っ昼間に居られる筈も無いか!)
せっかく来たので記念撮影



次は美山漁協へ
その後、先日の5/27(土)に解禁を迎えられている美山漁協に来ましたが、
漁協の職員さんはおとりの配達で忙しくされていたので、お話しできず

その後美山漁協のひまわりおとり店さんで、楽しくお話し出来ました。おとり屋目線で、尚且つ漁協理事目線の組合改革論を熱く暑く語って頂き、

酒井理事は意気投合でこの笑顔^_^


その後、市内の釣具屋さんで挨拶回りと鮎の仕掛けの買出し


18:30に酒井理事を無事送り届け、
明るいうちに帰宅出来ました。

(オドメーターをリセットして出発したので、)
本日の走行距離236km
このRRのスバルのサンバーバン。
よく走りまた疲れ知らずでした。しかしエアコンが効かないのは惜しいです。




たくさん勉強して来ました。
もちろんフィールドが違うので、そっくり真似は出来ないですが、
朽木と同じく過疎化の進む地域
発電所がある
などなど
今後の漁協運営に活用できるネタ満載でした。

さあ明後日は6月。
戦闘準備を始めましょうか!



今日は訳あって漁協のストレッチリムジンを洗車しています(笑)


ピカピカになりました。

明日はあんな所やこんな所に行きます。


先日の金曜日に集荷して入れた稚鮎が、
晴天続きで水温上昇したおかげで、餌付き良好にてスクスク成長中です。
通常餌付きに3・4日掛かるし、状況に適応出来ない個体は餓死していくのですが。(塩ビパイプから餌が出ており、餌を食べに集まっているところです)




こちらは5/11に仕入れた仕立てた養殖鮎で、放流用の種鮎を買ったので、サイズは10cmぐらいが多かったですが、今は既に15cmを超えている個体も見受けられます。


解禁日に適当なサイズのおとり鮎が準備出来るか?と心配でしたが、それはなんとかクリア出来ました。
あとは試し釣りでどんなサイズの野鮎が掛かるのか?ドキドキです。




今日は20代に勤めていた水産会社のレストランの送迎バスの運転のバイトを頼まれマイクロバスに乗って来ました。
酔っ払いのおっちゃん30名様を2次回の居酒屋さんに送迎しました。

賄い飯はうどんとオニギリでした。



ようやくびわ湖のエリ漁も獲れ出してきたので、当店の池にも種鮎にと集荷にきました。
しかしもうすぐ6月。
成魚になるまでにシーズン終わっちゃった!なんてことになら無い様に、必死に餌やり頑張ります。
シーズン後半戦の種鮎ですけど、後半戦ってあるんかいな?なんて野暮な考えは捨てて、
精一杯頑張ったら何か良いことあるよね〜!って前向きに考えて行きましょう。


今日は1人で行ったので、
写真はこれだけです。




追伸

朽木漁協のお知らせです。
先日、解禁日が変更になって皆々様にご迷惑をおかけしたばかりなのに



またこんな残念なお知らせです。




友釣り入川券の価格が今年より3000円になります。
話せば長いのですが、


前任の組合長の時の役員会(私はまだ役員ではありませんでした)
で入漁料を3000円に値上げすると決まったのです。
その後今の川村組合長になり役員も改選になり、私も新たに役員となり早速の役員会で値上げにマッタをかけて2700円のままで行くことが決まった。はずが

今頃になって水産庁から〜〜うんぬんうんぬん〜〜などなど話があり、
3000円にしなさいとお達しがあった様です(一度決めたら訂正は許さないみたいな)

現役員の理事会(私は監事)にて本日正式に今年度の友釣り入川券の価格が3000円に決定しました。

300円値上げです。
キリが良くなったとはいえ、2980円の方がマシか?

しかし
おとりは値上げしません。
缶コーヒーも値上げしません。



↑このページのトップヘ