2017年05月

昨年の秋に開催した朽木漁協渓流教室の生徒さんの大津市の方が、もう一度教えて欲しいということで本日臨時の渓流釣り教室を開催しています。
(正確には渓流釣りフォローアップ教室と言うそうです)
当店のお客様の春名様に講師を依頼し、
麻生川木地山にて渓流エサ釣りにて、私も同行して来ました。
餌はなんと今日の為に、昨日の夕方近くの川で川虫を採って来てくださっています。


それでは出発です。


開始早々、5分ぐらいで記念すべき1尾目のアマゴ。
教える先生も良いし、
なんせエサが極上です^_^
減水で悪条件なのに

間も無く、2尾目。
またもや綺麗なアマゴです。

ここで私は、昨日入荷した稚鮎に餌付けする為帰路につくことにしました。

後程、釣果を春名様にLINEで送って頂きました。

↓このイワナはリリースしました。
↓木地山の奥の合流点です。




実は

春名様

今朝に本流にて
2尾釣って来られています。



吹田市の下井様は針畑川桑原にてテンカラ釣り。

渓流魚放流区の下流にて、立派な天然アマゴに感動です。
尖った尾ビレが印象的です。


場所は大津市北小松の港湾にて
今日はびわ湖のエリ漁の氷魚が欲しいという当店の常連のお客様と一緒に行きました。

ここから以下の写真は同行したお客様に撮って貰いました。

漁師さんの船には、鮎の水槽が積まれています。


その水槽から鮎を秤にかけ当店のトラックに積み込んで行きます。
今日は50kg余りの入荷です。

大事な鮎を弱らさない様、また公正に計る様に、迅速な仕事が要求されます。

積み込み後、朽木まで車で約40分。
途中で何度も水槽をチェックしながら

この池の水もトラックの水槽と同じく塩分を投入して消毒する必要があります。
塩分濃度は企業秘密とさせて頂きますが、この池の水量は約70tあり相当な量の塩(岩塩)を投入しています。
(海水ほどのレベルではありません。舐めたら苦味を感じるぐらいです)

平均サイズはというと
死んだ鮎(アガリと言います)の中から無作為に100g取り匹数を数えます。(本当は1kgを数えるべきなのかも知れないですが、、、)
シラサエビ、イサザ等も数に入れて130尾でした。
平均の1尾が0.77g!


この鮎たちが出荷サイズに育つのはお盆ぐらいになる見込みですが、どれだけ生き残ってくれるか?これからが私の腕の見せどころです^_^


最初に出合い北川側の山神橋下流に140kg

次は本流の船橋下流に220kg


組合の軽トラに40kg移して
大野の桑野橋下流にその40kgを放流
桑野橋周辺の写真は、酒井オトリ店HPに遠慮して敢えて撮りませんでした。


今日もホース持ちしてたので、川からの目線の写真ですが、新しいスマホの防水ケースがまだ届かないので、水中写真は断念です。

朽木漁協のブログも
ご参照下さい。



で、肝心のサイズはというと
大きいので
小さめで

本日の釣果です!って言ってもいいぐらいのサイズでした。
解禁日の釣果の平均サイズが15cm超えるんじゃ⁉️
期待しています。が、それじゃ数が少ないのか?
沢山のお客様に来て頂けるのは嬉しいけど、釣り切られるんじゃ!
本流に960kg(約6万尾!)の種鮎が放流しました。
束釣りのお客様が600人居られたら鮎がいなくなる❗️
現実にならない事を願う(o_o)


天気も良いし、スマホも新しいので!
川の写真が撮りたくなり、久々の川の状況を報告します。
ここは当店前の名所?弁天瀬です。
昨年よりまた一段と良くなりました。

巨石には程遠いですが、バールでも動かせないぐらいの大きな石がゴロゴロあります。

去年の弁天瀬の写真を載せたいところですが、スマホを買い換えて新しいのでデータが無いです。

肝心の鮎の動向が気になり、石も撮りました。
分かりにくいですね。
はい。

こないだテグス張りの時は石がヌルヌルで歩き難く大変でしたが、
今は幾分解消されたな!ってレベルですが、鮎がアカを食んだであろう食み痕は私の肉眼では確認出来ました。



誰も喜ばない情報ですが、
私、スマホ買い換えました!

私のミーハーな気持ちが先行し、
iPhone7のレッドにしました。
(下の黒いのは今まで使っていたiPhone5sです。WIFIで使えるので釣果撮ったり出来るな〜と思い、一応置いときます)


ただ単なる衝動買いでは無いんですが、
私、写真を連写で撮りまくりたい人で、

先日の放流で水中写真を撮るのに、防水ケースに入れたiPhone5sを水中でこれでもか〜と連写してたら、
気づけば電源が落ち、再起動。
これが1日に3回ありました。
帰宅して充電コードに繋いだら、また落ちてる!


使って使えないことは無さそうですが、爆弾抱えて、毎朝の川の写真撮る時に電源落ちたら嫌なので、
思い切って買い換えました。

考えてみれば長靴、トラックに並ぶぐらい大事な商売道具ですんで。



また話は変わり



明日はついに試し釣り



では無くて





第3弾の種鮎放流があり、400kgの鮎(先日より少し大きめだそう)が入荷します。

第1弾の鮎が順調に遡上しているみたいなんで、
第3弾もヨロシクお願いします٩( ᐛ )و



↑このページのトップヘ