村上おとり店

滋賀県の一級河川の安曇川中流の朽木漁区のおとり店の村上おとり店の河川情報ブログです。

2017年06月


水位は15cm高、笹濁り

流石、清流安曇川。
回復が早いです。

今後降らなければ、
明日、本流の釣行

大丈夫かもしれないです。

念のため明朝の村上ブログ確認してから出発された方が無難だと思います。

支流はいけます。


支流の北川と麻生川の合流点です。
北川にはまだ濁りありますが、


麻生川にはほぼ濁りはありません。


アカのとびも大丈夫の様に思えます。







今日は15:00より
朽木漁協の渓谷鮎祭りの抽選を

朽木漁協代行理事の宮田さんが入川券10枚

朽木漁協の入川券販売所組合の組合長でもある酒井理事が
1000円分商品券(囮引き換え券)を5枚

代表監事の私が商品券5枚を引きました。

何が出るかな?
何が出るかな?
ふふふ〜ん

不正は無いですよ。



もう一度言います。
不正は無いです。





豪雨が止んで1時間経ちました。
水位は8cm高、ごくごく薄い濁りが入りました。

山間を流れる枝川から若干の濁り水が流れ込んでますが、
本流は依然クリアです。

今日は今後、1mm以下の弱い雨が降ったり止んだりでしょう。


現在の弁天瀬
八幡市のN様の貸切です。



今日は正午ごろ通り雨があり、午後は降ったり止んだりで風のある不安定な天気になりましたが、
水況に影響はありません。

水位は3cm減水、濁り無し



なお本日の釣果は頂けておりません。
悪しからず


水位は2cm減水、濁り無し。

目視ではかなり減水してきている様ですが、水位基準棒によると2cm減水って、不思議な印象です。
大事なのは平水(独自基準による身勝手なもの)から高い低い
では無くて
昨日より水位がどれだけ上がった下がった。だと思います。


今日は午前中時雨模様でしたが、
午後は晴れ渡り暑くなりました。


午後5時現在、この青空


水位は若干上昇し1cm減水、濁り無し


寝屋川市の田揚様は
当店前と出合いにて
15〜18cmを19尾。





宇治市の高田様は
当店〜水管橋にて
15〜19cmを11尾。
弁天瀬はヘチでええのが掛かりだしてきた様でした。





古川電線下にて午後を中心に16尾


朝から雨降りですが今のところ、
水況に変化はありません。

水位は2cm減水、濁り無し


天気予報では8時ぐらいには止むそうです。



大東市の橋口様は
本流と支流の出合いにて
16〜19cmを24尾と14cmのアマゴ1尾

部分部分ではありますが、
ようやくコンディションが整いつつあるのか?
と思える様になってきました。




大津市の川村様は
当店前の弁天瀬にて
瀬の流芯で
ええのんが掛かりました。


京都鮎映会の山内(親子)様は
出合いにて
父上様20尾
息子様25尾の合計45尾
15cmほどの細い鮎が2尾いましたが、
他は17〜19cmの良型揃いでした。
なお画像はお二人分です。


平均して皆のお客様が良く釣れている訳では無いですが、可能性が出てきたということは確かな様です。


宇治市の高田様は麻生川の麻生にて9尾。
支流ゆえ鮎の数は少ないけれども、よく肥えた良型が揃っています。


水位は平水より1cmほど減水、濁り無し。


↑舟橋の橋の下にて水中の写真を撮りました。ちらほらアカの存在が見てとれない?でしょうか。

本日、舟橋下流の出合いにて釣果頂いています。本流での釣果はうれしいです。



 
GFG関西の永谷様は
北川の家一(エベツ)にて
18尾、16〜20cm
6:00〜12:00の釣行








水曜会の橘様は
北川三ツ石にて
16尾、15〜19cm



京都市の中島様は
北川にて
12尾

本流が不調な時は支流の存在感大ですね。



京都市の石山様は出合い4尾と当店前9尾の合計13尾

↑このページのトップヘ