2018年07月

IMG_2363
IMG_2364
IMG_2366
IMG_2368
豊中市の後藤様は
北川と麻生川の合流点〜打明にて
11〜20.5cmを32尾



IMG_2350
IMG_2351
宇治市の高田様は
午前中に栃生発電所放水口にて11尾




今日は抽選会参加や配達等、色々忙しく夕方の釣果聞き込みが出来ていません。



IMG_2370
IMG_2371
IMG_2373
IMG_2372
IMG_2374
水位は平水、濁り無し




IMG_2359
IMG_2352
今日の午後に、毎月恒例の抽選会に参加してきました。
厳正に厳正を重ねて、
念入りに
コネてコネて
混ぜて混ぜて

IMG_2376
引いた券の順に並んでいるそうですが、
見にくいです〜。
月日か店別に並べたほうが〜
でも、事務員さんの努力の結晶なので
大目に見て欲しいです。


IMG_2333
IMG_2334
IMG_2335
IMG_2336
IMG_2337
FullSizeRender
水位は4cm高、濁り無し


IMG_2338
水位基準棒を設置しました。
今まで2mの鉄杭を半分くらい川底に打ち込み
全長1mの赤白棒を結束していましたが、

今後台風等で増水する前に撤去しますので、
撤去時の手間を考えて鉄杭を浅く打ち込んでいます。石の狭間に打っているので強度は十分だと思います。

くれぐれも引き抜いたりしないで下さい。
基準がズレて他の皆様のご迷惑になりますので。


IMG_2312
IMG_2318
IMG_2319
IMG_2321
IMG_2322
IMG_2324
茨木市の井本様は
出合〜道の駅前にて39尾
11.5〜14cmを35尾と
18cmを1尾と
オトリ3尾
せっかく並べた鮎の見て欲しいポイントは、
ビリ鮎にも成長しているのとそうで無いのといるところ。
残念の点は、
日陰で真上から丁寧に撮れば良かったのになぁと思うこと。








IMG_2329
IMG_2326
FullSizeRender

京都市北区の本間様は
弁天瀬にて11〜18cmを42尾
本間様曰く
午後から良型が掛かり出した。
そうです。





追伸
最近気付いたこと

ビリ鮎って言ってますが、
知名度低いですよね?

私は自然と使ってますが、
よく考えたら養殖の世界の業界用語かも知れません。
選別作業後、
何ミリの上のトビが何kgで何ミリの下のビリが何kgって言います。

悪いイメージがする言葉ですが、
養殖鮎の場合だと、まだまだこれからエサを食べて大きくなる種鮎なので大事な存在ではあります。

↑このページのトップヘ