今日はイワナ13000尾です。

今日も醒井養鱒場に9時着
IMG_3352
昨日の教訓を生かし
予め家で水を汲んでから向かいましたので
積込みはスムーズに。


IMG_3353
IMG_3354
IMG_3380
IMG_3383

醒井養鱒場の場内も紅葉真っ盛りです🍁

IMG_3405
IMG_3404
IMG_3407
IMG_3408


組合事務所に11:30到着
今日は漁協事務所前の鯖寿司みうらさんの弁当
1000円の弁当だそうですが、田舎の地物食材がぎっしりでした。

IMG_3410


今日は昨日より量が多いので
あまり撮影する余裕がありませんでした
紅葉具合を見て良いとこだけ撮りました。

IMG_3411
IMG_3413
IMG_3414
IMG_3417
IMG_3421
IMG_3424
IMG_3428
IMG_3431

針畑川の桑原で終了でした。
IMG_3434
IMG_3435

帰路に針畑小川地区にて
元理事の橋本さんの姿が見えたので
ちょっと談笑に道草しました。

橋本さん宅前の柿が鈴生りに成っているので
ちょっと拝借

IMG_3440
IMG_3442

事務員の大塚さんは袋持参
IMG_3438

私は空腹ゆえに丸かぶり、
IMG_3439




2日間のスケジュールにギュッと詰まった
渓流魚放流がようやく終了(私の分は😅)

実は今年新たな試みというのが
朽木漁協域内の大小それぞれの支流ほぼ全域に
配り歩くという壮大な予定

4tトラックで放流する私達と別行動の
組合長率いる一行は軽トラで林道に入り
林道奥でまたビニール袋に数匹ずつ入れて
そのビニール袋を背負子で背負い😣
山登り(沢登りか?)
なんせ範囲が広大なので組合事務所裏の池で
一部のイワナがまだ蓄養してあり
明日以降ちょっとずつ配っていくそう😮‍💨

詳細は組合HPでそのうち公開される❓
(されないかも❓)


さかいオトリ店ブログに
源流への放流の様子が掲載されています。
FullSizeRender
https://sakaiotoriten.shiga-saku.net/e1394365.html





追伸

放流って言葉が大好きな方はお気づきかと思いますが、鮎の放流の時は何kgとか何トンって表現するのに
渓流魚はナゼに尾数?

稚魚放流ゆえにkgで表現すると
何やこれっぽっちかいな〜って感じになるからですよ。

ちなみにアマゴが百ウン十キログラム
イワナが二百ウン十キログラムです。

(令和3年の朽木漁協の鮎の放流3トンでした。)

(もう一丁どーでもいい余計な情報ですが
朽木漁協は渓流にはチカラ入ってないって声をお聞きしますけど、放流量は滋賀県内の漁協でトップです。
やる事はやってます。知られて無いだけです。)