4月5月の種鮎放流行脚も今日が最終日
無事事故も怪我も無く終わりました。

IMG_5020
最後は益田川漁協さんの支流の
こんな落ち着いた場所でした。


IMG_5019



昨日は豪華なランチだったので
今日はコンビニ弁当で済ます
って言うのもゆっくりはしてられない。
この後用事があるんです。
ちなみに右下はサービスで頂いた味噌スープ


FullSizeRender



午後3時にマキノ町の百瀬漁協で
朽木漁協の軽トラに

IMG_5022

知内川のヤナ場で獲れた遡上鮎60kg
積込みに立会う
IMG_5024

その後道の駅対岸のオートキャンプ場から放流
IMG_5025
IMG_5026
IMG_5029
朽木漁協の放流量はこれで1930kgまできました。
(たぶんそー思う。事務局に確認取れてないので参考まで)
あと100kgで最低ラインの目標増殖量の2030kgですが、
川村組合長の意気込みは去年と同じ3000kg越えを目指しているみたい😁



軽トラの水槽で浮いてた鮎を持ち帰り計測
IMG_5031
IMG_5032

やっぱり今年の遡上鮎は小さいですね。
平均サイズは僅か3.5g


解禁直後は養殖の仕立て鮎が充分楽しませてくれると思うんですけど、
その後の天然遡上のタイミングにもよりますが、
釣果が順調に続いてくれるか心配ですね。

特に汲み上げ遡上鮎を中心に放流する予定の支流3河川は、、、、、期待しないでね😢


ここ2年続いて好調が続いてるだけに
朽木鮎のファンの皆様の期待の高さを痛い程感じてるだけに
釣れなくなったタイミングが怖い😭


この汲み上げ放流の遡上鮎が仕上がるのはいつぐらい?早くても40日後の7月アタマ。
それまで養殖の仕立て鮎が釣れ続けるか?
釣りきってしまうか?

程よく雨で増水して爆釣し過ぎない事を願うばかりです。